So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<強殺>被告に無期「強固な殺意」 名古屋地裁裁判員判決(毎日新聞)

 愛知県一宮市の雑木林で昨年10月、名古屋市中村区の貸金業、下釜勲さん(当時41歳)の遺体が見つかった事件で、強盗殺人などの罪に問われた住所不定、無職、横山守被告(42)の裁判員裁判の判決公判が18日、名古屋地裁であった。伊藤納裁判長は「首を絞める練習までして、犯行は計画的で強固な殺意に基づいている」として求刑通り無期懲役を言い渡した。

 同地裁の裁判員裁判で無期懲役が言い渡されたのは初めて。

 判決によると、横山被告は昨年10月8日、名古屋市西区の自宅マンションで、借金の取り立てにきた下釜さんの首をネクタイで絞めて殺害し、現金約24万円と腕時計(10万円相当)を奪い、一宮市内に遺体を捨てた。

 弁護側は「借金返済の延期を申し入れたが待ってくれなかったため、殺害という最悪の結果に結びついた」と計画性を否定し、懲役25年の有期刑を求めていた。【沢田勇】

【関連ニュース
裁判員裁判:保釈許可率7割超に 「運用改善」と評価
連続強盗強姦:冒陳12回の被告 懲役30年の判決 大阪
裁判員裁判:強盗致傷「指示」の男懲役9年 東京地裁判決
裁判員裁判:女性裁判員が評議に不満 京都
裁判員裁判:窃盗などの被告に一部無罪判決 東京地裁支部

菅内閣 金融・郵政担当相に自見氏 発足3日で閣僚交代(毎日新聞)
整理手続きで否認表明=福知山線事故、JR西前社長―神戸地裁(時事通信)
ポニョ鞆の浦の観光、7割増の計算ミス…実は1割(読売新聞)
決戦は水曜日 「ノー残業デー」ビジネス活況(産経新聞)
新型インフル 「毒性に応じ対策を」 総括会議が報告書(産経新聞)



弁護士殺害 資料に名前の男性、行方不明に 横浜(毎日新聞)

 横浜市中区の「横浜みらい法律事務所」で、所属する弁護士の前野義広さん(42)が殺害された事件で、事務所内の資料に名前のあった男性が行方不明になっていることが捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警はこの男性が事件について何らかの事情を知っているとみて調べを進める。

 捜査関係者によると、事務所内に残されていた資料に名前のあった中で、事件のあった2日以降、行方不明になっている男性がいるという。

 また事件直後、事務所近くで前野さんを襲ったとみられる男と服装や背格好がよく似た男が、乗用車に乗って走り去る目撃情報があったことも判明。2日に事務所で前野さんを襲った男は黒のTシャツに白いシャツを羽織り、ベージュのズボンをはいていた。

 事件では、事務所のあるビルの非常階段を駆け下り、地下鉄駅のある北東方向へ走り去る男の姿を複数の人が目撃しているが、この駅の防犯カメラに、該当する男の映像は残っていなかった。【吉住遊、中島和哉、山田麻未】

【関連ニュース
横浜・弁護士殺害:いきなり胸さす? 腕に争った傷なく
横浜・弁護士殺害:凶器、刃渡り20センチ超 強い殺意?
殺人:弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で
横浜・弁護士殺害:いきなり胸刺す? 腕に争った傷なく
殺人:弁護士刺され死亡 事務所に「刃物持った男」−−横浜

逆転有罪の後藤組元組長が上告 不正登記事件(産経新聞)
枝野、小沢氏が近く会談=民主・細野氏(時事通信)
両陛下、葉山でご静養入り(産経新聞)
「首相は辞任を」53%、内閣支持率続落19% 世論調査(産経新聞)
「執行部は総退陣する」民主党幹部が語る(産経新聞)



宮崎県の主力級種牛5頭、新畜舎に引っ越し(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫問題で、県が主力級の種牛5頭を感染から守るため、同県西都市に建設していた畜舎2棟が25日夜に完成し、5頭が近くの仮設畜舎から引っ越した。

 県畜産課によると、2棟の間には約500メートルの距離があり、3頭と2頭に分かれて飼育。これまでは幅2メートルの牛房で横一列に並んで飼育されていたが、新畜舎の牛房は4メートル四方と広くなった。鉄柵で囲い、牛房同士は5メートルの間隔を空けて置かれている。畜舎の周囲はイノシシなどの野生生物が侵入しないよう金網で囲いが施されている。

<八街放火殺人>物色見つかり殺害か 被害者宅に現金残る(毎日新聞)
小林氏辞職なら補選出馬=自民・町村氏(時事通信)
<虐待>4歳の男児を殴る 容疑で26歳の父親逮捕 奈良(毎日新聞)
学校の弓・矢160点窃盗、大学生ら6人書類送検 兵庫・三田(産経新聞)
日本、中国に協力要請へ…安保理新決議(読売新聞)



小沢氏、消費税増税の参院選への影響「そういう議論してない」(産経新聞)

【小沢会見詳報】(2)(17日夕)

【消費税】


−−マニフェスト(政権公約)だが、消費税率を次の衆院選の後に上げる方向で調整されていると聞いているが


「ん? ああそうなの」


−−消費のことを考えた場合、数年後に上がるということの是非について。また参院選の前にこうした議論をすることの選挙への影響はどう考えているか


「そういうふうになってるちゅうのは、どこでなってんだか、私よく知りません。そのようには聞いておりません。ですから、それは政府部内なのか、少なくとも私の周りではそういう議論はしておりません」


「それでわれわれの最大の、国民の皆さんへの主張は、官僚主導から政策主導、要するに政治家が政治主導ちゅうのは、人事をいじくる話じゃないんですけども、政策を政治家の責任で決定するというのが政治主導だと私は思っておりますけれども、それによって徹底的に無駄を省く、また身の回りのことは、自治体に任せると」


「そのためには霞が関の個別の個所付け、ひも付きの補助金はやめると。また、特殊法人独立行政法人などへ巨額の国費が投じられておりますけれども、そういうのも廃止、民営化等々を思い切って断行するというのが、われわれの国民への主張だったのではないかと思っております」


「したがいまして、税制のことはもちろん、最終的に考えなきゃ(なら)ないですけれども、私どもの、まず第一に取り組むことは、予算の一律削減ではなくして、無駄を省く、無駄なことはやめる、そういう決断を政治家がすることでありまして、そうすれば私は今言った地域主権、一括交付金化、補助金の。そういうたぐいのことを勇気を持って断行すれば、われわれが約束した政策は当面、十分実行できるというふうに思っております」


【官房機密費】


−−野中広務元官房長官が先般、マスコミに機密費を配ったと証言したが、こうした事実を見聞きしたことはあるか。自身が自民党幹事長時代にマスコミに金を配ったことを知っているか。官房機密費の是非についても見解を


「私は官房機密費を使う立場には今まで、立っておりません。従いまして、今のご質問については、まったく答えるだけの知識はありません」


「ですから、ま、答えられないんですけれども、機密費というような、その中身によるんですけれどもね。例えば、私は、各省庁で会議だの何かする時に、よく問題になるのは予算の流用ですよね。こういうことはよろしくないと。私は当然、誰だってね、ご飯も食べるんですし、ご飯食わないですごせる人はいないですから。会議の時にお茶出したり、お菓子出したり、あるいは朝昼晩のご飯の時にはご飯を出したり、というのは、特別な高価なものなら別ですけれども、そういう経費はですね、私の考え方としては、各省庁、きちんとおおっぴらに計上して、公にした方がいいと。そう思っております」


「ですから、機密費という言葉がいかにも、あのー、怪しげに聞こえますけれども、私としてはそういった必要経費は内緒で予算を流用したりなんだりするんじゃなくて、おおっぴらに各省庁ともですね、官邸だけじゃなくて、きちんと計上するという形にした方がいいんじゃないかと個人的には思っています」

【関連記事】
(1)政倫審出席「国民が納得するなら1つの方法」
「事実を正確に説明」聴取終えた石川議員がコメント
小沢一郎 “政治屋”体現に期待します
4時間半…何も語らず走り去る 小沢氏3回目の聴取
小沢氏切れば支持率回復も 渡部氏、首相に“提言”
中国が優等生路線に?

高級腕時計はめたまま逃走=211万円相当―東京・銀座(時事通信)
<不同意堕胎>逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール(毎日新聞)
【風】気になる男性の本心(産経新聞)
普天間で首相と意見交換=鈴木宗氏(時事通信)
普天間政府方針で官房長官、5月末の「閣議了解なし」を示唆(産経新聞)



不正処理の社員、新たに12人=磁気定期券で運転士ら−相模鉄道(時事通信)

 相模鉄道横浜市西区)の元車掌が磁気定期券の不正乗車防止システムを解除、キセル乗車を繰り返した問題で、同社は11日、運転士ら12人が同様の不正処理でシステムを解除していたと発表した。国土交通省関東運輸局は同社の報告を受け、厳重注意するとともに再発防止を求めた。
 同社によると、12人はいずれも「振り替え輸送などでダイヤが乱れた際、改札の出入りを簡便にするために解除した」などと話しており、キセル乗車については否定しているという。 

【関連ニュース
車掌が2年半キセル=磁気定期券を不正操作

県外移設、閣僚懇で要求=普天間問題で福島氏(時事通信)
80歳男性が運転誤りスーパー突入、店員けが 大阪・中央区(産経新聞)
税収に応じて政権公約変更…民主党研究会(読売新聞)
東証一時400円超下落 ギリシャ発株安拡大 日銀が2兆円供給(産経新聞)
公務員法修正案を提出=公明(時事通信)



<上高地>北アルプスの観光シーズン幕開け 河童橋で開山祭(毎日新聞)

 長野県松本市安曇の北アルプス・上高地で27日、開山祭が開かれた。残雪の穂高連峰を背に、スイスの伝統楽器アルプホルンの演奏が響き渡り、北アルプスの観光シーズン幕開けを告げた。

【写真特集】上高地:100年を迎えた河童橋で記念撮影をする登山客ら

 開山祭は標高1500メートルに位置する河童橋のたもとで開かれ、登山客や観光関係者らが参加。11月15日までの期間中の安全を祈った。今年は河童橋が今のつり橋に架け替えられ100年に当たり、記念トレッキングなどが予定されている。【大平明日香】

【関連ニュース
ブラジル:土砂崩れで巨大キリスト閉鎖
三瓶山:山開き 家族連れら200人、頂上へ一歩一歩 /島根
山開き:シーズンの安全祈願−−八幡岳 /佐賀
山岳救助訓練:遭難事故に備え 署員ら10人が高島トレイルで /滋賀

皇太子さまが奈良をご訪問 大極殿などをご見学(産経新聞)
選挙費用で整体・整髪…民主・長島議員が訂正(読売新聞)
普天間移設、攻防 前代未聞 日本、首脳会談記録せず(産経新聞)
皇太子さまが奈良をご訪問 大極殿などをご見学(産経新聞)
<掘り出しニュース>犯人に「やめときや」 大阪府警南署が街頭に掲示(毎日新聞)



宮崎の和牛3頭、口蹄疫感染の疑い(読売新聞)

 宮崎県は20日、同県都農町の畜産農家で飼育されている和牛3頭が家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いがある、と発表した。

 確認されれば、国内では2000年以来の発生となる。人には感染せず、感染牛の肉を食べても人体への影響はないとしている。

 発表によると、農家から9日、「口内にびらん(軽い潰瘍(かいよう))がある」と連絡を受け、宮崎家畜保健衛生所(宮崎市)の獣医師が検査。1頭の症状を確認した。17日にも別の2頭が同様の症状を示したため、1頭から口の中の粘膜を採取し、独立行政法人・動物衛生研究所海外病部(東京都小平市)に検査を依頼。遺伝子検査の結果、20日に陽性と判明した。

 県は家畜伝染病予防法に基づき20日、防疫対策本部を設置し、同町と隣接する日向市、川南町の畜産農家に、牛や豚の移動自粛を要請した。感染の疑いがある牛が見つかった農家が飼育する全16頭を近く薬殺処分する方針。

 農水省も20日、赤松農相を本部長とする対策本部を設置した。国の指針では、発生地から原則半径10キロ以内を牛や豚の移動制限区域、半径20キロを搬出制限区域とするよう定めている。

 口蹄疫は牛や豚、ヤギ、イノシシなどひづめを持つ動物に発症。口やひづめに水ほうができて発熱、食欲不振などの症状が出る。2000年には宮崎県や北海道で発生が確認された。

<普天間移設>「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感(毎日新聞)
焼け跡から2遺体、首に圧迫の跡…富山(読売新聞)
仕分け第2弾会場、東京・日本橋の貸し会議室(読売新聞)
<JR福知山線脱線>歴代3社長、強制起訴前に聴取せず(毎日新聞)
<火山噴火>関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)



関ジャニ∞の渋谷すばるさん新宿で追突事故(産経新聞)

 人気アイドルグループ「関ジャニ∞」のメンバー、渋谷すばるさん(28)が東京都新宿区の路上で乗用車を運転中、追突事故を起こしていたことが20日、警視庁戸塚署への取材で分かった。渋谷さんと追突された乗用車を運転していた男性らにけがはなかった。

 同署によると、渋谷さんは17日午前5時半ごろ、新宿区中落合の都道で、乗用車を運転中、信号待ちで前に止まっていた乗用車に追突した。

【関連記事】
週替わりで主演!関ジャJr.が新ドラマ
NYC、「忍たま」主題歌で正式デビュー!
胸躍る新学期!ジャニーズカレンダー完成
関ジャニ∞村上、ワンマンショーでクリステル
大野靖之の歌声「ヒリヒリ」渋谷ジャック!
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<証券監視委>粉飾の疑いで課徴金を勧告(毎日新聞)
拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」−訪朝支援者に表明(時事通信)
<1Q84>「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
<日露首脳会談>鳩山首相 北方領土「帰属問題を首脳間で」(毎日新聞)
前長崎市長銃撃 献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)



与謝野氏「当面は今のまま」 参院選出馬を否定(産経新聞)

 10日午後に結党する新党「たちあがれ日本」の共同代表に就く与謝野馨元財務相は10日午前の民放テレビ番組で、「当面は今のまま新党を支える」と述べ、衆院議員を辞職して夏の参院選に出馬する考えがないことを明らかにした。

 与謝野氏は昨夏の衆院選で、比例代表で復活当選しており、同党内から離党について批判が出ている。こうした批判については、「自民党の中でそういう議論が出てくることも当然だ」と認めた。

【関連記事】
平沼新党、5議員で午後に旗揚げ 参院選、比例に10人擁立目指す
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は無警戒
「やり過ぎ」与謝野氏、ゆうちょ銀限度額上げに反対
与謝野“ゾンビ議員”汚名返上へ、参院くら替え出馬か!?
たちあがれ日本、いきなり立ち上がれず?党名が竹中氏と…?
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
閣僚数「17人は少ない」=省庁再編にも言及−仙谷氏(時事通信)
不正経理問題 神奈川県元職員3人逮捕へ(産経新聞)
和田中「夜スペ」訴訟、杉並区住民らが控訴(産経新聞)
札幌で最大風速30m超の強風、6人けが(読売新聞)



山崎さん&野口さんがきぼうでツーショット(産経新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、日本人で初めて宇宙で対面を果たした山崎直子さん(39)と野口聡一さん(44)が、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」で一緒にいる写真を公開した。

 山崎さんは7日、米スペースシャトル「ディスカバリー」でISSに到着。さっそくきぼうの船内実験室に入り、野口さんと一緒に満面の笑みで手を振っている。

【関連記事】
[フォト]「きぼう」の中での山崎直子さんと野口聡一さん
山崎さん、先頭で笑顔の入室 国際宇宙ステーション
日本人搭乗 最後のシャトル 有人技術の基礎確立 物資輸送・科学実験・船外活動
山崎さん「宇宙からのつぶやき待ってて」
野口さん、のびのび宇宙生活3カ月

舛添氏、役職にそっぽ…自民中堅・若手登用人事(読売新聞)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)
<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
介護保険Gメンで不正請求10分の1に―東京都豊島区(医療介護CBニュース)
放鳥トキ 佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)



前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。