So-net無料ブログ作成

<強殺>被告に無期「強固な殺意」 名古屋地裁裁判員判決(毎日新聞)

 愛知県一宮市の雑木林で昨年10月、名古屋市中村区の貸金業、下釜勲さん(当時41歳)の遺体が見つかった事件で、強盗殺人などの罪に問われた住所不定、無職、横山守被告(42)の裁判員裁判の判決公判が18日、名古屋地裁であった。伊藤納裁判長は「首を絞める練習までして、犯行は計画的で強固な殺意に基づいている」として求刑通り無期懲役を言い渡した。

 同地裁の裁判員裁判で無期懲役が言い渡されたのは初めて。

 判決によると、横山被告は昨年10月8日、名古屋市西区の自宅マンションで、借金の取り立てにきた下釜さんの首をネクタイで絞めて殺害し、現金約24万円と腕時計(10万円相当)を奪い、一宮市内に遺体を捨てた。

 弁護側は「借金返済の延期を申し入れたが待ってくれなかったため、殺害という最悪の結果に結びついた」と計画性を否定し、懲役25年の有期刑を求めていた。【沢田勇】

【関連ニュース】
裁判員裁判:保釈許可率7割超に 「運用改善」と評価
連続強盗強姦:冒陳12回の被告 懲役30年の判決 大阪
裁判員裁判:強盗致傷「指示」の男懲役9年 東京地裁判決
裁判員裁判:女性裁判員が評議に不満 京都
裁判員裁判:窃盗などの被告に一部無罪判決 東京地裁支部

菅内閣 金融・郵政担当相に自見氏 発足3日で閣僚交代(毎日新聞)
整理手続きで否認表明=福知山線事故、JR西前社長―神戸地裁(時事通信)
ポニョ鞆の浦の観光、7割増の計算ミス…実は1割(読売新聞)
決戦は水曜日 「ノー残業デー」ビジネス活況(産経新聞)
新型インフル 「毒性に応じ対策を」 総括会議が報告書(産経新聞)



弁護士殺害 資料に名前の男性、行方不明に 横浜(毎日新聞)

 横浜市中区の「横浜みらい法律事務所」で、所属する弁護士の前野義広さん(42)が殺害された事件で、事務所内の資料に名前のあった男性が行方不明になっていることが捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警はこの男性が事件について何らかの事情を知っているとみて調べを進める。

 捜査関係者によると、事務所内に残されていた資料に名前のあった中で、事件のあった2日以降、行方不明になっている男性がいるという。

 また事件直後、事務所近くで前野さんを襲ったとみられる男と服装や背格好がよく似た男が、乗用車に乗って走り去る目撃情報があったことも判明。2日に事務所で前野さんを襲った男は黒のTシャツに白いシャツを羽織り、ベージュのズボンをはいていた。

 事件では、事務所のあるビルの非常階段を駆け下り、地下鉄駅のある北東方向へ走り去る男の姿を複数の人が目撃しているが、この駅の防犯カメラに、該当する男の映像は残っていなかった。【吉住遊、中島和哉、山田麻未】

【関連ニュース】
横浜・弁護士殺害:いきなり胸さす? 腕に争った傷なく
横浜・弁護士殺害:凶器、刃渡り20センチ超 強い殺意?
殺人:弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で
横浜・弁護士殺害:いきなり胸刺す? 腕に争った傷なく
殺人:弁護士刺され死亡 事務所に「刃物持った男」−−横浜

逆転有罪の後藤組元組長が上告 不正登記事件(産経新聞)
枝野、小沢氏が近く会談=民主・細野氏(時事通信)
両陛下、葉山でご静養入り(産経新聞)
「首相は辞任を」53%、内閣支持率続落19% 世論調査(産経新聞)
「執行部は総退陣する」民主党幹部が語る(産経新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。