So-net無料ブログ作成

不正処理の社員、新たに12人=磁気定期券で運転士ら−相模鉄道(時事通信)

 相模鉄道(横浜市西区)の元車掌が磁気定期券の不正乗車防止システムを解除、キセル乗車を繰り返した問題で、同社は11日、運転士ら12人が同様の不正処理でシステムを解除していたと発表した。国土交通省関東運輸局は同社の報告を受け、厳重注意するとともに再発防止を求めた。
 同社によると、12人はいずれも「振り替え輸送などでダイヤが乱れた際、改札の出入りを簡便にするために解除した」などと話しており、キセル乗車については否定しているという。 

【関連ニュース】
車掌が2年半キセル=磁気定期券を不正操作

県外移設、閣僚懇で要求=普天間問題で福島氏(時事通信)
80歳男性が運転誤りスーパー突入、店員けが 大阪・中央区(産経新聞)
税収に応じて政権公約変更…民主党研究会(読売新聞)
東証一時400円超下落 ギリシャ発株安拡大 日銀が2兆円供給(産経新聞)
公務員法修正案を提出=公明(時事通信)


2010-05-14 09:40  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。